WEBの極み

WEB時代を生き残る情報とテクニック

*

【iPhone】定番の辞書アプリ「大辞林」の良さを伝えたい

   

いくつになっても、わからない言葉はある。

そしてわからない言葉は、すぐに調べるだろう。

いまでは、インターネットに繋がっていればすぐに調べることができる。

しかし、答えに行きつくまでのスピードと快適さを問うならば、
今回紹介する辞書アプリ「大辞林」に勝るものはない。

このアプリは、書籍版(8190円)に約2万項目を追加した約26万項目が収録されており、最新版が不定期ながらアップデートされる。

また、Appストアで26万本も売れ、そのアプリのデザイン性からも「グッドデザイン賞」や「電子出版アワード大賞」を受賞している殿堂入りのアプリなのだ。

このアプリ、2500円と一般のアプリに比べて高額なのだが、長く使用することを考えると決して損はしないアプリであることは間違いない。

筆者自身このアプリは購入以来、常にiPhoneの最も目につく場所においている。

今回はこのアプリの特徴を少し紹介したい。

美しいフォント

アプリを起動するとインデックスが表示される。下の方の「検索」マークをタップすると、検索画面に移動する。このアプリのウリの一つは美しいフォントである。

IMG_3802
IMG_3806
インデックスでは人名や動植物など、カテゴリごとで関連するキーワードを探すことができる。

操作性の高い検索画面

検索欄に知りたい言葉を入力すると検索結果がすぐに表示される。

IMG_3803

目が悪い方は拡大表示も思いのまま。

IMG_3808

検索結果からさらに知りたい言葉があった場合には、その部分をタッチすると、さらにその言葉の検索結果を表示してくれる。

IMG_3804

IMG_3805

読めない漢字も手書きで検索可能

手書きツールを使うことで、読めない言葉の検索も出来る。

IMG_3807

IMG_3809

不定期ながらも最新版にアップデートしてくれる

最近の言葉もばっちり、入っています。

IMG_3810

まとめ

スマートフォンを買ったら最初に入れてほしい神アプリ(※すばらしいソフトのこと)は何と言ってもこの大辞林であろう。

分からない言葉はインターネットで調べられるが、このアプリのスピード感と関連キーワードの検索の使いやすさは秀逸である。

この記事ですこしでも大辞林の良さが伝わってくれれば良いと思う。

icon_daijirin大辞林 - 物書堂

 - iPad, iPhone